好き避けでなぜ後悔してしまうのか?相手から嫌われていると思われる

スポンサーリンク

ここでは、「好き避けでなぜ後悔してしまうのか」についてお話します。

 

あまりに好き過ぎるがゆえに、
好きな人が目の前にいると心臓がドキドキして緊張してしまい、
うまくしゃべることができなくなって逃げ出してしまう事を「好き避け」と言い、
最近、若者を中心に悩んでいる人が増えています。

 

好き避けするのはなぜ?

 

「好きな人とせっかくしゃべれるチャンスだったのに、逃げ出してしまった。」と
後で落ち着いて考えると後悔してしまいます。
そして、次のチャンスは絶対にものにするぞ!

 

と意気込んでも、また同じような状況になってうまくいかないのが、
好き避けの人のパターンです。
こんな後悔を繰り返して、少しづつ前に進めば良いのですが、
なかなか思うように行かないので悩んでいます。

 

好き避けをする人は、性格的な問題から、人見知りであったり、
内気であまり社交的でない人が多いのが特徴です。

 

同じ好き避けをする人でも、好きな人が目の前にいたら、
全くしゃべれなくなる人から、ちょっとした会話ならできるという人もいて、
症状は人ぞれぞれです。

スポンサーリンク

好きな人から逃げて後悔しないようにするために

 

好きな人から逃げるのは、極度の緊張と、好きな人への過剰な反応が原因です。
逃げてばかりいては、先に進んでいかないし、後悔ばかりで終わってしまいます。
いくら好きになっても、好き避けを続けていると、相手は、
自分は嫌われているんだと思ってしまいます。

 

こうなると、想いを伝えることもできなくなってしまいますよね。
最悪、相手に変な誤解をされたままで終わってしまうなんて事にもなりかねません。
せっかく、両想いになれそうな雰囲気になっても、あなたが避けてばかりいたのでは、
恋愛対象から外される可能性もあります。

 

ですから、少し勇気を出して、素直な自分になる事です。
性格は変えられないと思っているかもしれませんが、
少しの勇気だけで現状が変わるなら、頑張ってみようと思いませんか?

 

一番簡単な方法が、その人に慣れることです。
少しずつ、挨拶から始めて、話すことに慣れてみてください。
そうすることで、自然と会話が生まれて来て話をすることに対して、
過剰に意識しなくなって、逃げて後悔する事も減ってきますよ。

スポンサーリンク

 

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加