好き避けは嫌われるので相手の気持ちを考えて行動しましょうね!

スポンサーリンク

ここでは、「好き避けは嫌われるので相手の気持ちを考えるのが良い」
についてお話します。

 

好きだから相手を意識し過ぎてしまって、
素っ気ない態度やあなたに興味がないのよと言った態度に出てしまう好き避けですが、
あまり酷いと相手を傷つけてしまうばかりでなく、
相手から本当に嫌われてしまうパターンもあります。

 

好き避けが嫌われる理由とは?

 

好きになった人に素直になれず、後悔している人はたくさんいます。
好き避けは殆どの人が経験したことがあるのではないでしょうか?
相手を好きな気持ちが強いほど、好き避けになってしまいますよね?

 

半数以上の人が、思わずやってしまう事は、
相手とまともに向き合えないでその場から逃げてしまう、
最初から会わないように避けるです。

 

他にも、せっかく話しをするチャンスがあっても、つい口調がきつくなったり、
不機嫌そうな態度をとってしまったり、
無口になってしまったりといった行動に出てしまいます。

 

これだけ並べてみると、なんか嫌いな人にする行動のようにも思えますよね。
この行動の裏側には、好きだから緊張してしまって恥ずかしい、
自分の気持ちを知られるのが怖いと言う思いがあり、
気持ちと正反対の態度をしてしまうのです。

スポンサーリンク

こんな事を繰り返していては、相手はあなたの心の中が読める訳ではないので、
不快な思いしか残りませんよね。
片思いの相手には、気持ちが伝わらないどころか、
自分は嫌われているから近寄らないようにしようと思われて、逆効果になってしまいます。

 

たとえ、自分に好意を持ってくれていて両想いになれそうでも、
こんな態度ばかりとっていたら
「可愛げがない。なんか疲れる。」なんて思われても仕方がないですよね。

 

相手の気持ちになって考えてみるのが良い!

 

自分では、好き避けだからこんな態度になってしまうと分かっているからいいですが、
好き避けされた方は、なんで避けられているのか分からない、
いつも自分が話しかけるときだけ不機嫌になるのは、
嫌われているからだろうと思われて嫌な気分になりますよね。

 

両想いの相手がいつまでたっても素直に心を開いてくれないとなると、
だんだん不安になってくるものです。
相手に嫌われてしまう前に、その好き避けを少しずつでも改善して行きましょう。

 

そのために必要なこととは、好き避けさんが
「相手の気持ち」になって考えてみるのが、一番良い方法です。

スポンサーリンク

 

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加