嫌い避けメールの内容とは?

スポンサーリンク

ここでは、「嫌い避けメールの内容」についてお話します。

 

気になる相手からよそよそしい態度を取られると、
その態度の理由を知りたくなってしまうものですよね。

 

好き避けだったらよいけれど、
嫌い避けやごめん避けだったらどうしよう…

 

そう不安に思う人も多いのではないでしょうか。

 

嫌い避けに要注意!

 

好きだから起きる好き避けや、
拒絶する感情は持っていないけれど

 

好意は受け入れられないごめん避けと違い、
嫌い避けには強い「拒否」の意思が現れています。

 

嫌い避けされているのに
好き避けだと勘違いしてしまうと、

 

あなたと相手の関係が取り返しの
つかないものになってしまいかねません。

 

嫌い避けをされてしまったら、
行動にも注意が必要です。

 

嫌い避けがわかるメールって?

 

今ではメインの連絡手段として
使われることも多いメールですが、

 

時間や場所を選ばないからこそ、
嫌い避けがわかりやすく現れる媒体でもあります。

 

嫌い避けしている人のメール内容には
こんな特徴があるんですよ。

 

一番多いのが、メールの内容が短く、
文体が冷たいというものです。

 

あなたから送ったメールに対し、
必要最低限の内容しか書かれておらず

 

かつ敬語でよそよそしい文面だった場合、
これは嫌い避けのサインの可能性が高いです。

スポンサーリンク

ビジネスメールであればともかく、
プライベートのメールで気を遣う相手ならば

 

もう少し柔らかい表現で返信をしますし、
好きな相手であれば絵文字や記号を用いて、
フランクな文面を作ろうと努力しますよね。

 

必要最低限のメールは、これ以上の
やり取りをする気がないという
拒絶の現れですので、注意しましょう。

 

また、相手発信のメールがない、
というのも嫌い避けの行動としてよくあります。

 

あなたもマイナス感情を持っている相手に対して、
プライベートな時間にわざわざ
メールをしたいとは思わないですよね。

 

ただし、相手発信のメールがない
というのはごめん避けにも現れやすい行動ですので
その他の態度と合わせて総合的に判断するといいですよ。

 

返事が来ない、は拒絶の表れ

 

最も強い意志の表れが、
返事を送ってきてくれないというものです。

 

ビジネス上のメールであれば
相手に対する感情にかかわらず

 

返信をするものですが、
プライベートなメールであればその必要もありません。

 

仮に誘いのメールであっても、
あなたと関係を深める気がなく、

 

かつ今の関係が完全に断たれてもよいと思っていれば、
返信を送ってこないというわけです。

 

あなたからどれだけメールを送っても
帰ってこないのであれば、
それははっきりとした拒絶のサインです。

 

潔く身を引いて、新しい恋を探してみましょう!

スポンサーリンク

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加