嫌い避けの視界とは?

スポンサーリンク

ここでは、「嫌い避けの視界」についてお話します。

 

「避ける」という行動にはいろんな意味がありますが、
嫌い避けの場合、相手の拒否が強く現れている行動です。

 

嫌い避けの行動

 

嫌い避けは、相手があなたを

 

「苦手」「嫌い」

 

だと思っているときに起きやすい行動です。

 

大人であればたとえ苦手だと思っていても
うまくやり過ごすことも多いですが、

 

まだ人生経験が浅い学生の場合、
自分の感情を隠さずにストレートに出すため
嫌い避けが起こりやすくなります。

 

また、社会人であっても、相手があなたの

 

「恋愛としての好意」

 

に気が付いていて
相手にはその気がない場合、

 

余計なトラブルを招くために
嫌い避けをすることもあります。

 

嫌い避けは視界から離れる

 

嫌い避けの特徴として、
相手の視界から離れる、という行動があります。

 

特に相手が自分に対して好意を
もっていると感じている場合、

 

相手の視界に入ることで相手から
意識される機会が増えますよね。

 

その結果、さらに強いアプローチをうけたり、
時にはトラブルに発展することもあります。

 

そういった事を未然に防ぐために、
相手の視界から離れようとします。

 

反対に、あなたから距離を置くために
相手はあなたを視界に
入れているということもあります。

スポンサーリンク

あなたは相手に会いたい!と思っているのに、
上手く避けられて全然顔を見ることができない…

 

そんな場合は、もしかしたら相手があなたの行動を把握し、
視界に入らないようにわざと
行動を起こしている可能性があります。

 

顔を見ることすらできない場合、
好きな相手に対し他の方法で
アプローチするしかありませんが、

 

メールなどの他の手段ですら
連絡が取れなくなってしまったのであれば
それははっきりとした「拒絶」のサインです。

 

諦められない…という気持ちはわかりますが、
これ以上のアプローチはあなたが傷つくだけですよ。

 

潔く身を引きましょう。

 

露骨な態度に出るのは…

 

嫌い避けは、男女問わず取ることのある行動ですが、
男性よりも女性の方がより
露骨な態度に出やすいものです。

 

女性は苦手な相手であっても
笑顔や目線を合わせて会話できるものですが、

 

一定の「苦手」意識を超えてしまうと、
その場をとりつくろうことが一切できなくなります。

 

そのため、苦手程度では
とりつくろえた態度が一気に崩壊し、
急に露骨な態度に出てしまいやすくなるんです。

 

好きな相手から露骨に嫌い避けされると
傷ついてしまいますが、そんな時は

 

「そんな相手と恋愛関係になれても幸せになれるはずがない!」

 

と自分自身に言い聞かせましょう。

 

幸せになれない恋愛は、
素敵な恋愛とは言えません。

 

素敵な恋愛をするために、
あなたも気持ちを切り替えて
一歩進んでいってくださいね!

スポンサーリンク

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加