好き避けが不機嫌な時とは?

スポンサーリンク

ここでは、「好き避けが不機嫌な時」についてお話します。

 

今までよい関係を築けていたはずなのに、
相手の態度が急に変わって不機嫌になった…

 

そんな経験はありませんか?

 

急な態度代わりは、もしかしたら
「好き避け」行動の一つかもしれませんよ。

 

好きだから不機嫌になる

 

急に不機嫌な態度を取られるようになったのであれば、
あなたの前後の行動を思い返してみましょう。

 

相手以外の異性と親しげにしていた、
そんなことはありませんか?

 

好き避けの行動で不機嫌になるのには、
「やきもち」が隠されれています。

 

相手があなたに対して好意を抱いている場合、
あなたが気が付かないときでも
相手はあなたのことをよく見ています。

 

よく見ているがゆえに、
別の異性と親しげに話をしていることにも
すぐに気が付いてしまうんです。

 

好き避けをしてしまう人は自分に自信がありません。

 

「自分の方を見てほしいのに、自分以外の異性と親しくしている…」

 

自信がないうえに異性と仲の良い姿を見せられると、
さらに自信をなくし、つい不機嫌な
態度をとってしまうというわけです。

 

機嫌を直してほしいときには…

 

好き避けで不機嫌になってしまった相手に
あなたも好意をもっている場合、

スポンサーリンク

「何とか機嫌を直してほしい!」

 

そう思いますよね。

 

そんな時は、相手が不機嫌になった原因に対し、
状況を説明してあげましょう。

 

「さっき○○さんと、○○の件で話をしたんだ、大変でさ…」

 

どうして別の異性と話をしていたのか、
その内容を伝え、出来れば

 

「楽しかった」

 

というプラスの意見ではなく、

 

「大変」

 

などのマイナスの意見を付け加えると
相手の不機嫌は収まりやすくなります。

 

どうしても二人で話さなければいけない理由があったんだ、
楽しそうに見えたけれどそういうわけではないんだ、
相手にそう感じさせることが大切です。

 

「子供じゃないんだから…」

 

そう思ってしまう気持ちはわかりますが、
好き避けをしてしまう人にとって、
これは重要な問題なんです。

 

あなたが相手との関係を深めていきたい!
と思っているのであれば、

 

ここはぐっとこらえて
その行動を受け止めてあげましょう。

スポンサーリンク

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加