好き避け男性の無視する心理とは自分の気持ちを知られたくない!

スポンサーリンク

ここでは、「好き避け男性の無視する心理」についてお話します。

 

好き避け男性が無視してしまう心理とは?

 

好きな人からなんんとなく避けられてるような、
冷たくされてるようなときってありますよね。
好き避けとは、自分の気持ちを知られるのが恥ずかしかったり、
周りに自分の気持ちを知られたくないという心理から起こる行動です。

 

せっかく両想いでも、好きな相手から無視されたりしたら悲しくなりますよね。
嫌われてるのではないかと不安になってあきらめてしまうことも・・・。
なぜそんなことが起こるのでしょうか?

 

好きな人が近づいてきて話しかけられてりすると心理的にはとてもうれしいのです。
しかし無視をしたりあえて興味がないようなそっけない態度を、
とってしまうことがあります。

 

心理的にはそういう行動はとりたくないのですが、
気恥ずかしさから自分が頭で考えている行動とは逆の行動をとってしまいます。
こうした行動の原因とは、まず男性自身が恋愛経験が少なく、
失敗したくない心理があります。

 

失敗したくないという自分自身を守る行為でプライドを、
傷つけられたくないという心理がはたらいています。
また、自分に自信がない、恥ずかしいなど極度に自分に自信がない人にもみられ、
見ているだけで満足してしまいます。

スポンサーリンク

なかには、自分に振り向いてほしい、
気にかけてほしいという気持ちで無視する方もいらっしゃいます。
これらはリーダー的な立場ではないひと、人に甘えるのがうまいひと、
家庭内で末っ子の人に多く見られます。

 

無自覚無視?

 

なかには、自分が無視していると自覚せずに無視しているケースがあります。
された側はなにかしてしまったのではないか?などと不安になってしまいますよね。
その場合の無視とは無反応。
つまり反応できないでいる状態のことをいいます。

 

これは、褒められた時、共感を求められたとき、
知識が及ばないときなどにみられます。
責任感が強く、社会的意識の高いタイプで、
無責任な発言をしないよう習慣づいています。

 

「好きな人に対しては特に誠実で」いたいと思うので。

 

適当な発言で傷つけてしまわないよう答えに迷ったら無反応で返してしまうのです。
このタイプは無視したという自覚gないので、
無視してしまったから謝りたい、悪いことをしたという気持ちはありません。

 

しかしもっとうまいリアクションがとれたらと自分を責めていることがほとんどです。
無視をされたと感じても何度か話しかけて様子を見てみましょう。

スポンサーリンク

 

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加