男性心理で好意のある好き避けとは緊張して恥ずかしいので近寄らない

スポンサーリンク

ここでは、「男性心理で好意のある好き避け」についてお話します。

 

好きな女性を目の前にして、避けるような態度をとったり、
やたら冷たい態度をするのには訳があるんです。

 

好き避けをするのは、性格のせい?!
こんな好き避けをしてしまう男性の心理を徹底解明しちゃいましょう!

 

こんなに好きなのに素直になれない男ごごろとは?

 

好きで好きで仕方がないのに、好きな女性の前に出ると、
好きよりも恥ずかしさが優先してしまい、まともに顔が見れなくなってしまう。
こんなタイプは、姿がみえると緊張してしまうので、
姿を見かけてもあえて近寄らないようにしていることが多いです。

 

脈があるかどうかはっきりしていないのに、相手に万が一、
自分が好きなことを知られたら嫌だし、周囲にバレたくないから、
距離をとってなるべく関わらないようにしています。

 

気のある子に意地悪をしたり、わざと冷たくして、
自分の存在をアピールしていることもあります。
自分の事を見てほしい、覚えてほしいという、ちょっと幼稚な感じもしますが、
好きになったら自分の事を構って欲しいと思っています。

スポンサーリンク

好きなのにわざと冷たくすることがかっこいいと思っている人もいます。
中には、好き避けを駆け引きに利用している人もいて、好き避けをしながら、
相手の出方を探っているなんていうこともあります。

 

好き避け男性の心理とは?

 

好き避け男性の心理としては、自分に自信がないがゆえに、
好きな気持ちを知られたくない、知られるのが恥ずかしいと思っていますが、
相手も自分に好意があれば、積極的に行きたいと思っています。

 

好きなので、遠くから見ているだけでは物足りなさも感じているので、
何か関わりを持ちたいと思っています。

 

日ごろは、素っ気ない態度でいても、忙しい時に手伝いなどをお願いされたら、
ぶっきらぼうな返事をしていても心の中では、繋がりが持てたことにも、
頼って来られた事にも喜びを感じています。

 

こんな好き避け男子ですが、ただ、自分を表現する事が苦手なだけで、
内心は好きな人のことで頭がいっぱいなのです。

 

これは、好きの度合いが高いほど、好き避けもひどくなるので、
急に冷たくなったり、素っ気ない態度に出たら、
あなたのことを本気で好きになっているサインかもしれませんよ。

スポンサーリンク

 

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加