好き避け男性のライン(line)メールの特徴とはすぐに返信が来ない!

スポンサーリンク

ここでは、「好き避け男性のライン(line)メールの特徴」についてお話します。

 

自分が好きになった人に対して、脈があると思わなければ、
なかなか行動に移せないですよね。
相手の気持ちがすぐに分かれば問題ないのですが、
人の気持ちはそう簡単には分からないものです。

 

確信が持てるまでは、話しをしたり、メールで探りを入れたりしながら、
相手に自分の気持ちを悟られないように必死に隠そうとします。
好き避け男性のLINEメールの特徴をまとめてみました。

 

好き避け男性に見られるLINEメールの特徴

 

LINEメールは、普通のメールと違って絵文字で何気にアピールできたり、
気軽に使えるので、相手に警戒させないで交流するのに便利なアイテムですよね。
そんなLINEを使って、好き避け男性は、
相手の女性にどんな態度をとっているのでしょうか。

 

好き避け男性は、メールが届いてもすぐには返信しません。
それは、待っていましたと思われたくないからです。
即に返信していたら、自分が好意を持っている事が知られてしまうのではないかと思い、
自分の気持ちがバレて避けられたら嫌だと言う心理が働きます。

スポンサーリンク

それに、返信する内容に気を遣いすぎて、悩んでいて返信が遅い場合もあります。
好き避けの場合は、無視する事はないので必ず24時間以内には返信があります。
ワンランク上のテクニックとして、翌日もLINEで連絡がとりたいと思い、
会話の途中で、返信を遅らせて、翌日に持ち込むパターンもあります。

 

グループでチャット形式で何人かでやり取りをしている時は、ボロが出ないように、
そっけない返事をしたり、返信しないこともあります。

 

好きな人に探りを入れるメールとは?

 

やはり、好きな人のことは何でもいいから知りたいですよね。
やたら、質問系のメールを入れて相手の事を知ろうとしていたら、
あなたに興味があるという事です。

 

しかし、自分の好きな気持ちを知られるわけにはいかないので、
当たり障りのない内容だったりしますが、質問系のメールをすることで、
メールで会話もできるし、相手のことを少しでも知ることができます。

 

基本的に、男性からのメールは短文で素っ気ない物が多いですが、
可愛いスタンプで警戒心を取り除こうとスタンプを多用することもあります。

スポンサーリンク

 

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加