好き避けのライン(line)の内容と特徴とは疑問文が多い!

スポンサーリンク

ここでは、「好き避けのライン(line)の内容と特徴」についてお話します。

 

好き避けのライン(line)とは?

 

好き避けとは、自分の気持ちを知られるのが恥ずかしい、
悟られたくないという心理から起こる行動です。

 

引っ込み思案な性格や自分に自信がないから、
ついつい視線をそらしてしまったり…
それではライン(line)ではどうなのでしょうか?

 

ライン(line)といえば、現代でよく使う、
コミュニケーションツールのひとつですよね。

 

この好き避けをしている場合のライン(line)の内容ですが、
実際に会った時とだいぶ差があります。
実際に会うと口数が少ない、視線が合わないなんてこともありますが、
ライン(line)ではテンションが高かったりスタンプが多いことがあります。

 

やはり好きな人と連絡が取れるのは嬉しいのです。
またライン(line)だと直接顔が見えないので、緊張せず自然に話せるのです。
普段は素っ気なくても、ライン(line)では、
嬉しい気持ちから楽しく会話できることもあります。

 

いつもは好き避けしてるけどライン(line)では大丈夫。
って方もいらっしゃいますが、
中にはライン(line)で好き避けをしてしまう人もいます。

 

例えば返信の速さなどにも差が出てきます。
例えば同じく好き避けしてても、嬉しい気持ちから早く返信をする人と、
どのように返信しようか悩むため遅く返してしまう人もいます。

スポンサーリンク

また、駆け引きをしてるため、あえて遅く返信する人もいます。
この場合は、あえてライン(line)を遅らせたり、短くしたり、
または返さなく既読スルーをするなどして、相手の反応をみています。

 

好き避けのライン(line)の内容とは?

 

ライン(line)で好き避けをして素っ気ないライン(line)を返してても、
その内容は疑問系が多い場合が多いです。
疑問系で送ると返信率があがるため、素っ気ない内容でも、
疑問をなげかけてくることがあります。

 

また、自分のプライベートの話をしてくることがあります。
これは、好きな人に自分を知って欲しい。
興味を持って話が弾むといいなと思い、自分のプライベートを話すのです。

 

好き避けではなく、嫌い避けだったら、
自分のプライベートなんて話そうとしないですよね。

 

また、短調な内容で送ったとしても返信があれば好き避けの可能性が高いです。
短調で素っ気なくても、少しでも好きな人と話していたいため、
素っ気ないライン(line)が来たとしても、返信をするのです。

 

このように好き避けでもいろんなタイプがいます。
まずは相手がどのようなタイプなのか、
見極めてアプローチするようにしましょう。

スポンサーリンク

 

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加