好き避けは目線と態度で分かる!顔を見ようとする態度だったら好き!

スポンサーリンク

ここでは、「好き避けは目線と態度で分かる」についてお話します。

 

好きな相手の前では恥ずかしくて面と向かって
話ができなくなって思わず避けてしまう「好き避け」。
本当に嫌いで会いたくないと思われている「嫌い避け」。

 

相手からしてみれば、どちらも避けられている状況に変わりはないので、
どっちの場合でも「嫌われている」と勘違いされてしまいます。
この2つの避けられ方には、全く別の意味があるのに、
思わず「ちょっと待って誤解だよ」と言いたくなりますよね。

 

そんな誤解されやすい好き避けを見極める方法には
「目線」がポイントになっているって知っていましたか。

 

目線でわかる好き避けの態度!

 

「目は口ほどにものをいう」ということわざがあるように、
言わなくても目線でどう思っているのか見分けることができます。

 

いつも避けられたり、冷たい態度を取るのに、気づけばなぜかいつも目線を感じる、
自然と目が合う回数が多い場合は、好きだからあなたのことを見ている証拠!

スポンサーリンク

好き避けの時は、話をしている時も、恥ずかしさで目線を合わせることができないので、
うつむき加減や下向きで話していることが多いですが、
何とか一生懸命に目を合わせようと努力をしています。

 

少しでもあなたの顔を見ようとする態度だったら、
嫌ってはいないので安心してください!
大勢で話している時は特に、自分の気持ちを周囲に悟られまいとして、
いつも以上に警戒しています。

 

その時に、目が合って慌てた感じでパッとそらす態度は、恥ずかしさの表れです。
目があった後に周囲を見回すような感じだったり、
上の方を向いていたら照れていると思って間違いありません。

 

大勢の中で、自分の方をチラチラ見ている人がいたら、
それは関心がある、好意を持っているという事なので、
目線を外されたからと言って、気にすることはありません。

 

嫌い避けの時の態度とは?

 

これが、話しかけてもほとんど目を合わせようとせず、
素っ気なく曖昧な返事だけで返される場合は、
本当に嫌われている「嫌い避け」の可能性が非常に高いと言えます。

 

あなたに関心がない人はチラッとも見ようとしないし、
何より、目が合ったとしてもたまたま目が合っただけで、
そのまま他の方向を見るか、嫌そうな感じで横を向いたりします。
目のそらし方も好きか嫌いかで全く違っているので、すぐに気づくはずです。

スポンサーリンク

 

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加