好き避けの目線の特徴と行動とは「目線逸らし」をしてくる!

スポンサーリンク

ここでは、「好き避けの目線の特徴と行動」についてお話します。

 

自信のなさから来る目線逸らし!

 

好き避けする人達には「自分に自信が無いから」というタイプの人達がいます。

 

このタイプの人達は外見や内面に何かしらの、
強いコンプレックを持っている人達がしていることが多く、
加えてそれが何かしらのネガティブな感情を生み、
恋愛を邪魔してしまうというのは好き避けでなくても言えることです。

 

そんな自分に自信が無い人達が、
「私なんかがあの人の事好きだってばれたら、きっと色んな人にバカにされる」
ですとか「あの人はきっと私のことなんか相手にしてくれない」

 

という気持ちからついつい好きな相手を、
避けてしまうという行動を起こしてしまいます。

 

ですから、好きな人と目が合いそうになると無意識のうちに目線を落としたり、
逸らしてしまったり、その人との会話が始まりそうになるのを、
遮ってしまったりというのが、この好き避けのタイプの特徴と言えます。

スポンサーリンク

目線逸らしは好き避け内では幼稚な逃避行動!

 

目を合わせない行動は好き避けの中でも分かりやすく、
幼稚な好き避け行動です。

 

「あの人が好き過ぎて目が合わせられない」ですとか、
「ずっと見つめてしまいそう」といったような意外と、
かたくなに目線を合わせないのは、実は重い気持ちから起こるのです。

 

「好き避け」と「嫌い避け」の目線の違いとは?

 

「嫌い避け」の場合は目を合わせない徹底した行動よりも、
目を合わせてしまって、どんよりとした表情を浮かべたり、
明らかに不快的な表情で、「死んだような目」で見つめていることが、
ほとんどですので、「好き避け」の目線逸らしよりもわかりやすいです。

 

目を合わせない行動は相手を意識していないと出来ない心理行動です。
普通に対応していれば、何の感情もなく目は向いてしまうものです。
好き避けだからこそ、その人を意識してしまい目を合わせないのが、
好き避けから来るわかりやすい特徴と言えます。

 

このように、自信のなさから好き避けの目線逸らしとは、
本当にその人が好きだという、わかりやすいサインです。
目線逸らしをするのは「自分に自信が無いから」タイプの人が多く、
「嫌い避け」の人との区別が付きにくいので、注意が必要です。

 

あなたと好きな人が二人きりになった時は、
目を合わせて好きな人の自信に繋がるように話して下さいね。

スポンサーリンク

 

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加