好き避けで目を合わせない時とは?

スポンサーリンク

ここでは、「好き避けで目を合わせない時」についてお話します。

 

気になる相手がいるけれど、
自分と目を合わせようとしてくれない…

 

なんだかもやもやしてしまう状況ですよね。

 

目を合わせない、という行動は
、一見すると苦手意識の表れのようですが
実は「好き避け」の行動の一つでもあるんですよ。

 

相手が目線を合わせてくれないのには
どんな気持ちが隠されているのか、
好き避けの特徴を知って読み取ってみましょう!

 

目を合わせると緊張してしまう

 

好き避けで目を合わせないのには、
好きな相手と目を合わせることで
必要以上に緊張し、

 

「どうしていいかわからなくなってしまう…」

 

という感情が隠されています。

 

試しに相手に目線を合わせてみましょう。
慌てて目線をそらすのであれば、
好き避け行動の可能性がとても高いですよ。

 

あなたのことが苦手で目線を合わせていないのであれば、
あなたが目を合わせたときに、
慌ててそらそうとはしません。

 

合わせてしまった以上あなたの方を見てはくれますが、
不自然にならないタイミングで目をそらします。

 

好き避けは反射的に目線をそらしてしまうので、
とても不自然な行動に見えることが多いんですよ。

スポンサーリンク

目を合わせないけれど、あなたを見ている

 

また、好き避けの特徴として、
直接目線を合わせてはくれないけれど

 

あなたが相手の方を
向いていない時にはあなたを見ています。

 

人は好きな相手のことを
自然と追いかけてしまうものです。

 

目線を合わせてくれなくても、
相手の目線を感じるのであれば
それは相手からの好意のサインといえます。

 

目線以外からも気持ちを読み取る

 

好き避け行動は、目線以外からも
読み取ることができます。

 

目を合わせない行動が好き避けなのか、
それ以外なのかを判断できなければ
相手の行動も含めて気持ちを読み取るようにしましょう。

 

例えば、相手と二人きりになる機会はありますか?

 

好き避けであれば、
大勢でいるときにはあなたを避けても
一対一であればあなたを避けようとしません。

 

「目を合わせない」

 

だけではなく、相手があなたに対して取る
行動を総合的に見て、
相手の気持ちを読み解くようにするとよいですね。

スポンサーリンク

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加