好き避けで重症の対処法とはまずは自分の感情を理解すること!

スポンサーリンク

ここでは、「好き避けで重症の対処法」についてお話します。

 

好き避けの重症化とは?

 

一般的に好き避けは自分の気持ちを知られるのが恥ずかしい、
悟られたくないという心理から起こります。

 

ふと視線をはずしてしまったり、
好きな相手に話しかけられても避けてしまったり…、
素っ気ない態度をとってしまったり、
意識しすぎるためにうまく説ませられなくなります。

 

好きな人に対してどう思われてるか、大丈夫かなど、
怖がっている状態で近づくほどに拒否感が増してしまうのです。
好き避けをされると、嫌われてるのかな?

 

なにか不快にさせるようなことをしてしまったのかな?
なんて不安になってしまいますが、
さらに重症化していくと完全に嫌われてしまうかもしれません。

 

好きだけど上手く話せない、挙動不審になってしまう。
それが相手に気づかれているかもしれない、変に思われているかもしれない…
そう思っていくとどんどん重症化していってしまうのです。

スポンサーリンク

今までは視線をそらすだけだったが、
それだけではなくすれ違う際に身体ごと避けてしまったり、
好きな人がいないところで相手の悪口をいってしまう。

 

なのに他の異性と話してるのを見ると嫉妬してしまう。
これらにあてはまるようなら完璧な重症レベルの好き避けといえるでしょう。

 

重症な好き避けの対処法とは?

 

好きな人、信頼する人から見放されることを激しく恐れ、
嫌われないためにも関係を深めようとせず距離を置いています。
しかし、重症化してあまりにも相手に対して避けたり、
無視したりなど冷たい態度をとりすぎると嫌われてしまうかもしれません。

 

人間は好意に好意が返ってきますが、
嫌われてると思うと離れていってしまうものです。
ましてや、好き避けが重症化してしまうと、自分は嫌われてるんだと思ってしまい、
さらに相手も離れていってしまいます。

 

好き避けとはあくまで自分の感情のひとつです。
しっかりと理解してコントロールしていくことが大事です。
まずは自分の感情を理解すること!これが、好き避けを克服する第1歩になります。
そして、常に冷静な行動につとめましょう。

スポンサーリンク

 

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加