好き避け女性の対応と攻略法とは初めは彼女と同じ空間に!

スポンサーリンク

ここでは、「好き避け女性の対応と攻略法」についてお話します。

 

好き避けをする女性とは、いくら待っていても期待していても、距離が縮まりません。
また、そうしているうちに彼女が自信をなくして貴男をあきらめてしまい、
彼女を逃すことになる可能性もあります。

 

そんなことは避けたいですよね!
お互いに気持ちがあるのだから、彼女と仲良くなって、付き合いたい!
と思うのは当然です。

 

その気持ちをかなえるために、
好き避けをする女性への対応の攻略法を知っておきましょう。

 

彼女は貴男を待っている!

 

好き避けをする女性は、表面は貴男から逃げたり、無視したり、
冷たく反応したりとマイナスな行動をとっていますが、
貴男が近付いてきてくれるのを待っているのです。

 

男性にリードしてほしい女性が多いので、貴男が引っ張ってくれると嬉しいのです。
しかし張り切ってペース配分を間違うと、彼女は引いてしまいます。
ペース配分や駆け引きを意識しながら、リードしていきましょう。

 

彼女と同じ空間に!

 

まずは彼女と多く同じ空間に居ることが大事です。
そして彼女の視界に入るようにします。
彼女は貴男のことを意識して何度も見ます。

 

貴男も彼女に時折、視線を送ってみましょう。
目が合えば、彼女はドキッとします。
「今◯◯君と目が合った!私のことを見てくれているのかな」と自信を持ち、
貴男も自分のことを意識しているのかもしれないと思えるようになります。

 

話しかける!

 

上手に彼女に話しかけていきましょう。
まずは挨拶や短い会話から始めます。
その際に、例えば「おはよう」だけでなく「◯◯ちゃん、おはよう」と、
名前を入れましょう。

 

名前を呼ばれると女性は非常に嬉しいです。
また、特別感を感じることができますし、
貴男に嫌われていないのだと自信を持つことができます。

 

少しずつ会話を長くしていきましょう。
しかし好き避けをする女性は、緊張で初めは上手に話すことができません。

 

そこで貴男が、「◯◯ちゃんはこの飲み物、好き?」
「休日は何処か行った?」などと、彼女が答えやすい質問をしてあげると、
彼女は話しやすくなります。
彼女のことを知りたいと思っていることを伝わるように会話しましょう。

スポンサーリンク

連絡先の交換!

 

まだ連絡先を交換していない場合は、すすんで交換しましょう。
好きだと思っている貴男から連絡先を聞かれたら、
いくら好き避けをしている女性でも拒否はしません。

 

内心は大喜びです。
そして、メールができれば、普段は緊張して近づけなかったり話せなくても、
ゆっくり文章を考えて返信できるため彼女も安心します。

 

メールは、一方的な内容で何通も送りつけるなどといったことはやめましょう。
彼女の返信を待って、すぐにではなく、貴男も少し経ってから返信しましょう。

 

いつもすぐに返信してしまうと、彼女は焦ってしまいますし、
誰にでもすぐにメールの返事をする人だと思われてしまいます。
そして、自分の話もしつつ、彼女の話を聞くように心がけましょう。

 

デートに誘う!

 

メールで距離が縮まったら、デートに誘ってみましょう。
行き先は、「どこか行きたいところ(店)ある?」と彼女に一言聞いて、
彼女が困ったり決められないようであれば、
貴男がリードして決めてあげましょう。

 

好き避けをする女性は自分に自信がなく不安なことが多いので、
自分が行き先を決めるということは「彼の趣味に合わなかったらどうしよう」
「いったことのある場所だったらどうしよう」などと思ってしまいます。
貴男が決めてくれれば、安心して楽しむことができるのです。

 

彼女の緊張がとけてきたら!

 

このように2人の距離が縮まってきて、
彼女の緊張もとけてきたように見えたら、
彼女からのアプローチを待ってみても良いですね。

 

いつも責めるばかりでなく、ときに引いてみることで、
彼女に「私から声をかけようかな」「私から誘ってみようかな」と
思う気持ちが生まれることもあります。

 

仲良くなってきたら、「次は◯◯ちゃんの行きたいところに行こうね!」
などとハッキリ言ってみても楽しいですね。

 

このように、彼女の性格や気持ちを尊重しながらリードすることが大事です。
きっと貴男は、自分のことを意識している彼女を、
グイグイと引っ張りたくなることもあります。
しかし落ち着いて、彼女との距離が縮まるその時間も楽しみましょう。

スポンサーリンク

 

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加