好き避け女性の攻略法とは同じ空間に居て視線を合わせる!

スポンサーリンク

ここでは、「好き避け女性の攻略法」についてお話します。

 

好き避けをする女性のことが気になっている、
もしくは好きで付き合いたいと思っている貴男。
どのように彼女に近づき接したら良いのか、
どうすれば彼女は心を開いてくれるのかと、悩んでいませんか?

 

好き避けをする女性の攻略法を知っておきましょう。
それを実践することで、貴男が気になっている好き避け女性とも、
ぐんと近づくことができます。

 

では、その攻略法を紹介します。

 

好き避けをする女性の特徴を知っておく!

 

好き避けをする女性は、貴男のことが好きで恥ずかしい、
また緊張から、何か失敗したり変な行動をとってしまうところを見られたくない、
好きという気持ちを知られたくない、などといった気持ちがあります。

 

自分に自信のない女性が大半です。
これらの理由から、貴男を避けたり、冷たい喋り方や返事をしたり、
無視するということが起きるのです。

 

好き避けをする女性の心を開くには?

 

好き避けをする女性の心を開くには、
貴男も彼女のことが気になっている、好きなのだと行動をもって伝えることです。
好き避けをする女性は自分に自信がなかったり、
貴男に嫌われたらどうしようと思っているのです。

 

しかし貴男からのアプローチによって、自信を持つことができたり、
自分からもアクションを起こしてみようと思えるのです。
責めすぎには気を付けながら、上手にアプローチしていきましょう。

 

同じ空間に居て視線を合わせる!

 

まず好き避けをする女性が居る空間に貴男も多く居ることが大切です。
一緒に過ごす時間が多いと、仲が深まるチャンスは多くなりますし、
貴男がアプローチして彼女の反応も確かめることができます。

 

そして、彼女に視線を送ってみましょう。
好き避けをする女性は、自分から話しかけたり近寄ってきたりはできなくても、
想いを寄せている貴男のことは意識してちらちらと見ているはずです。

 

目が合えば、彼女はドキッとしますが、とても嬉しく思うのです。
そして、貴男も自分のことを見てくれたのだと自信につながります。

スポンサーリンク

積極的に話しかける!

 

好き避けをする女性の行動を待っていては何も始まりません。
貴男から話しかけていきましょう。まずは挨拶からです。
その際に、彼女の名前を呼んで挨拶するとより効果的です。

 

挨拶が交わせるようになったら、少しずつ会話を増やしていきましょう。
最初はたわいもない会話から始めていき、
慣れてきたら彼女の趣味や家族の話、休日の過ごし方など、
プライベートな会話を交えていきましょう。

 

恋愛の話を少し交えて、好き避け女性をドキドキさせましょう。
もし彼女が上手に会話できないようであれば、無理して会話しようとせず、
短い時間にとどめましょう。
また、彼女が答えやすい質問などをしてあげましょう。

 

二人きりの空間をつくる!

 

いきなりデートをすることはハードルが高いですが、
ちょっとした瞬間に二人きりの空間を作ることはできます。

 

周りに人が居ても、その輪から少し彼女が離れたタイミングで話しかけてみたり、
職場だと、休憩中や、出勤時・退勤時などに話しかけたり一緒に歩いてみると、
彼女は「自分に話しかけてくれたんだ」と思えます。

 

周りの目を気にせず、貴男との会話に集中できます。
二人きりになれば、貴男を避けたり他の人と喋って誤魔化す、
といったこともできなくなります。
恥ずかしがりながらも、会話をすることができます。

 

慣れてきたら連絡先の交換そしてデートへ!

 

少しずつ距離が縮まったら連絡先を交換しましょう。
これで一気に、さらに距離は近くなります。
メールだと彼女も会話しやすいですし、お互いのことをたくさん知ることができます。

 

しかしメールは一方的な会話になったり、返事がきていないのに何通も送る、
といったことはしないようにしましょうね。
そして、デートに誘ってみましょう。デートとなると彼女は緊張のピークです。

 

貴男がしっかりリードしてあげましょう。
彼女が上手く目を合わせたり、意見を言ったり、
会話できなくてもゆっくりと待って、優しく接してあげましょう。

 

このように、上手に彼女にアプローチしていきましょう。
彼女も自分のことを意識しているからと、
自意識過剰になって自分中心のペースで突っ走ってはいけません。

 

ナイーブな彼女のことを一番に考えて、
貴男も彼女のことが気になっているということを伝えていきましょう。

スポンサーリンク

 

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加