好き避けと本当にうざい嫌い避けを見分ける方法はハッキリ断って来る

スポンサーリンク

ここでは、「好き避けと本当にうざい嫌い避けを見分ける方法」についてお話します。

 

好きな人にせっかく話しかけたのに逃げられると、
嫌われているのではないかと考え、
どうしても落ち込んでしまいますよね?

 

その避けられ方は、好き避けなのか、本当に避けられているのか、
きちんと見分けないと、うざいと思われて

 

「二度と話しかけないで。」

 

なんて言われる可能性もありますよ。
そんな「好き避け」と「嫌い避け」の違いはどこが違うのでしょうか。

 

好きなのに避けてしまう「好き避け」

 

相手を過剰に意識してしまうために起こる好き避けは、
今までは普通に話ができていたのに、相手を意識し始めたら、
急に普通に接する事ができなくなったり、好きな人に話しかけられなかったり、
せっかく話しかけて来てくれても、思うように返事ができなかったりする事です。

 

相手を意識するあまり態度に出てしまっているだけで、
嫌われていると思わなくても大丈夫!この好き避けの場合は、避けられていても、
近寄ると笑顔を作ろうとしている、誘ったら来てくれる、

スポンサーリンク

何かお願いごとをしたら嫌がらずにしてくれる、
避けられていても何気に視線が合うなど、
少しずつでも関わり合いを持とうとする態度が見られたら、
この好き避けの可能性が高いです。

 

大勢でワイワイするのが苦手だったり、内気なタイプの人に多いので、
気になる異性が好き避けしそうなタイプかどうかチェックしてみましょう!

 

もし、自分が好意を寄せている相手にその気がない場合には、
「ごめん避け」されているかもしれません。

 

きちんと告白したら、きっぱり断られるけど、好きオーラだけが伝わっているからこそ、
面倒なことになる前に避けたいと思われているパターンです。
何度誘っても断られる、態度が周りの人と変わらない場合は、
この「ごめん避け」の可能性が高いかも!

 

本当にうざい!嫌いだから避ける「嫌い避け」

 

なんか、あの人いつも自分の事を見ているから、自分に好意があるのでは?
と思っていても、実は嫌われているというパターンが「嫌い避け」。

 

誘っても露骨に嫌な顔をされたり、はっきりと断られたりする場合は、
本当にうざいから行動が目についているだけで、
好き避けなのかもと期待しないように注意が必要です。

スポンサーリンク

 

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加