好き避け対策のやり方とはあなたが相手を導いてあげること!

スポンサーリンク

ここでは、「好き避け対策のやり方」についてお話します。

 

困る!?好き避けをする異性

 

自分の気持ちに素直になることができない異性、恥ずかしがりな異性、
いわゆるツンデレな異性…。
このようなタイプの異性は、好きな相手の前で普段通りの自分で接する
事ができずに、堪らなくなって避けてしまうということがあります。

 

つまり「好き避け」です。

 

あなたの事が好きだからこそ相手は好き避けをしてしまうのだと聞くと
いじらしくて可愛いように思えます。

 

しかし延々と好き避けの行動を受けていると、
「人に向かってそんな態度、それってどうなの!?」
と疑問がわいてきます。

 

どんな反応をしていいかもわからずだんだん困ってきたという人もいる
のではないでしょうか?
この好き避け、異性としてどのように対応するのが正解なのでしょう。

 

好き避けへの対応のやり方は?

 

相手であるあなたが困っているとはいえ、自分の感情を自由自在に操ることが
できるわけではないので相手自身も戸惑っています。

スポンサーリンク

もしあなたも相手に対して好意を持っているのであれば、
ここはあなたが相手を導いてあげるというつもりで対応していくのが最善です。
まずは相手の緊張をときましょう。

 

そのためには相手を安心させるという事が必要です。
話そうとすると完全に逃げられるというのであれば、
メールで相手との距離を縮めていきましょう。

 

だんだんお互いの事がわかってきたら直接会話をします。
ただし相手の真正面からじっと目を合わそうとはせずに、
まずは横に座って慣らしていきましょう。
目を合わせなくて済む分、相手も緊張せずに話しやすいと感じます。

 

アプローチはしてもいいの?

 

突然アプローチを始めると相手は驚いてしまうかもしれません。
しかし相手との距離が一向に縮まらないと感じるのであれば、
アプローチをすることで一気に進展していく可能性があります。

 

距離が縮まらないという事は相手があなたに対して過剰に遠慮をしているのです。
自分に自信を持てずあなたと釣り合うような異性じゃないと感じているのでしょう。
あなたからアプローチをして自信を持ってもらってください。

 

好き避けが無くなるようにあなたから動いてみて、
相手との関係を深めてくださいね。

スポンサーリンク

 

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加