好き避けの原因と対策とは二人で話す時間を作るよう心がける!

スポンサーリンク

ここでは、「好き避けの対策と原因」についてお話します。

 

どうして好き避けをしてしまうのか?
好きなのについつい避けてしまう。
そんな好き避けをしてしまうのは、なぜなのでしょうか?

 

好きなのに避けてしまうなんて矛盾していますよね。
好き避けをしてしまう原因はいくつかあります。
好き避けは嫌いになってしまったから避けるのではなく、
好きだからこそ避けてしまうのです。

 

まず考えられるのが、好きだけど周りに知られたくないので、
みんなの前で話しかけられたりするとつい避けてしまうということです。
このタイプは、内気で大人しい子が多いです。

 

臆病になってしまい、緊張だうまか、返事ができなかったり、
どんな話をすればいいのかわからない、
変なことを言ってしまったらどうしようという不安から、
避けてしまうこともあります。

 

また、自分に自信がなく、相手に自分が釣り合わないと思ったり、
こんな自分では嫌われてしまうのではないかという心理から、
傷つきたくないためにおこったりします。

 

また、相手が違う異性と仲良くしているのを見たり、
相手の自分への態度がなんとなく冷たく感じてしまった時などにも、
ついつい避けてしまったり冷たく接してしまったりします。

スポンサーリンク

つい避けてしまう好き避けの対策とは?

 

好き避けの対策はまず二人で話す時間を作るよう心がけましょう。
みんなの前では恥ずかしくて避けてしまう人でも、
二人なら話せるなんてこともあります。

 

好き避けをする人は内気で自信がない引っ込み思案なタイプが多いので、
そこを考慮してアピールしましょう。
根気よく褒めたり、あなたは特別なんだという意思表示をするなど、
コミュニケーションをとることが大事です。

 

また、直接は緊張で話せなくてもメールなどては話せたりすることもあります。
直接は避けられるようでも、文字でのコミュニケーションを深めて、
そこから距離を近づけていくのも良いです。

 

好き避けをしている人は好きなので素直に接したいけど、
できないがための行動なので、毎回同じ態度にはなりにくいです。
前回は楽しく話せたのに今度は冷たいなんてことも…。

 

それでも毎回穏やかに接してあげましょう。
何事も少しずつ歩み寄っていくことが大切です。

スポンサーリンク

 

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加