好き避けが怒る時の対応法とは自分であれば嫉妬心を自覚する!

スポンサーリンク

ここでは、「好き避けが怒る時の対応法」についてお話します。

 

恋をすると相手の事が気になって仕方なくなります。
相手の事を知り、仲を深め、ゆくゆくは恋人に・・・
誰でもこのような妄想は経験がありますよね。

 

しかし余程フィーリングの合う相手でないとそう上手くはいってくれません。
その理由のひとつに、好き避けという行動があります。

 

好き避けが恋愛の障害に?

 

好きな人に優しく接したいにもかかわらず、
そっけない態度を取ってしまう事を好き避けです。
好き避けにも様々な種類があります。

 

まずは相手から声をかけられると顔をそむけるようにして避けるタイプがあります。
このようなタイプは恥ずかしがりやだったり、
自分に自信のない恋愛に消極的な人です。

 

また、2人の時には仲良くしてくれるのに、
大人数になると急にそっけない態度をとるタイプもあります。
このようなタイプは他人からからかわれたくないというプライドが高い人です。

 

そして好きな相手に対して怒りっぽくなるタイプもあります。
このようなタイプは嫉妬心が人よりも強い人です。

スポンサーリンク

どのタイプの行動も、恋愛においては必要のないものばかりですが、
あなたはどれに当てはまりますか?
もしも怒るというタイプであれば早めに対応をすることをおすすめします。

 

好きな相手に怒る好き避けの対応法は?

 

人間誰もが怒られていい気持ちはしませんが、
怒るほうには必ず何らかの理由があるものです。
好き避けで相手に怒る場合は嫉妬からくる怒りが多いです。

 

例えばあなたの好きな相手が他の異性と楽しそうに話していたり、
いい雰囲気だったりすると、嫉妬心が芽生えます。
しかし自分は今片思いをしているだけで相手は自分のものではない。

 

責めようにも責めることができず、
行き場のない感情が相手への怒りとなってしまいます。
対応法は自分自身が気を付けるほかありませんが、すぐに直すことはできません。

 

とにかく自分は嫉妬からよく怒るのだということを自覚しましょう。
そして相手の方をできる限り見ないように意識し、
どうしても見てしまう場合は表情に気を付けてください。

 

また1対1で話すときにも目つきや口調がきつくなりがちなので意識しましょう。
怒る好き避けをしていることに気付いたあなたは、
必ず好き避けを直すことができるので大丈夫です!

スポンサーリンク

 

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加