好き避けが嫌われる対策の方法とは自分を演じて挨拶をすること!

スポンサーリンク

ここでは、「好き避けが嫌われる対策の方法」についてお話します。

 

恋をすると、積極的に相手にアプローチをしかけて、
自分のものにしようというタイプもいれば、
上手く自分を表現しながら相手と接するということが苦手な消極的なタイプもいます。

 

あなたはどちらのタイプでしょうか。
後者であればなかなか2人の関係が進展せずもどかしい思いをするでしょう。
またそれが悪化してしまうと好き避けという行動を起こしてしまいます。

 

好き避けってどういうこと?

 

好きな相手とは仲良くなりたいと感じるものです。
しかし相手と目を合わせるのが恥ずかしい、
どんな会話をしたらいいのかがわからない、
そのように感じて無意識に相手を避けてしまうのを好き避けと呼びます。

 

もしあなたが好き避けをしてしまっているのであれば、
対策を取ることをおすすめします。
想像してみてください。

 

あなたが他人からチラチラと見られ、目が合うとぷいとそらされる。
声をかけようとすると避けられる。
会話をする時におどおどしている。

 

このような態度を取られるといい気はしませんよね。
もちろん好き避けをするあなたもそれは十分自覚していることと思います。
だからこそ相手に嫌われる前に好き避けへの対策を取りましょう。

スポンサーリンク

好き避け対策はどんな方法を取ればいいの?

 

好きな相手に嫌われるのは避けたいものです。
しかし好き避けは無意識にしてしまうもの。

 

すぐに止めようとしても止められないので、
相手を目の前にしても緊張しないように日頃から対策を取っていきましょう。
緊張を解くには慣れることが大切です。

 

メールを送って相手の事を知り、
会話をシミュレーションするのを試してみてください。
また毎日顔を合わせるというのも慣れるためには必要な事です。

 

緊張する自分をぐっと抑え、自分を演じるつもりで挨拶をしてみてください。

 

もう嫌われているかも?何か方法は?

 

相手に嫌われるという事は、
相手も嫌われていると感じている可能性が高いです。
嫌ってなどいないという事を直接言い、
感違いさせた事と失礼な行動を素直に謝罪するのが一番です。

 

どうしても緊張するのであれば目を合わせずにすむように電話でも大丈夫です。
上手く進むと意外にもあなたと相手との関係が発展するかもしれないので、
頑張って一歩踏み出してみてくださいね!

スポンサーリンク

 

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加