好き避けでイライラする時はどうするの?

スポンサーリンク

ここでは、「好き避けでイライラする時はどうするのか」についてお話します。

 

あなたが好き避けをする側ではなく受ける側だった場合、
それが好意によるものだとわかっていても、
イライラしてしまうことがあると思います。

 

「自分は心が狭いのだろうか…」

 

と悩む人もいますが、
好き避けを受けることでイライラしてしまうのは、
決してあなたの器量が小さいわけではありませんよ。

 

好き避けでイライラしてしまう理由

 

好き避けをされるということは、
相手から意識的に避けられたり、
冷たい態度を取られてしまう状況です。

 

相手からの好意がわかっていて、
かつ自分も好意をもっている場合

 

はじめこそその行動に向き合い、
受け止めることができますが

 

好き避けが継続されればされるほど、
受け止めることがつらくなってきます。

 

「なぜ好きなのにそんな態度をとるのか」

 

「自分ばかり下手に出ているようで面白くない」

 

相手は自分が傷つかないために
好き避けの行動をとっているわけで、

 

その結果あなたが代わりに傷ついているわけですから
このような不満の感情が出てきてしまって当然なんです。

 

イライラの対処法

 

継続する好き避けへのイライラに対処するには、
関係を明白にしてしまうのが一番良いです。

 

まず、あなた自身が相手との間に
どんな関係を望んでいるのか、
しっかりと考えてみましょう。

スポンサーリンク

長期間好き避けを受けた結果、
気持ちが冷めてしまっているかもしれませんし
それでもやっぱり好きだと思えるかもしれません。

 

気持ちが冷めてしまったのであれば、
相手の好き避けをこれ以上
受け止める必要はありませんよ。

 

自分に対しそんな態度をとるのであれば、
もうあなたとはかかわりませんという態度を
ハッキリと示すことが大切です。

 

もしかしたらそうすることで相手が
急に下手にでてくることもあるかもしれませんが、
気持ちが冷めてしまったのであればはっきりと

 

「もう遅いのだ」

 

という態度を取りましょう。
つらいかもしれませんが、相手のためでもあります。

 

まだ好きだという感情があるのなら、
あなたからはっきりとした意思表示を示しましょう。

 

好き避けを長期にわたって
継続してしまう相手であれば、
待っていても進展することはありません。

 

あなたのほうから

 

「自分はあなたが好きで、だからこそその行動に傷ついている」

 

と示すことで
事態は変わっていく可能性が高いです。

 

好き避けの根本的な原因は
自分への自信のなさの現れですから、

 

あなたから好意をもらっていることに気が付けば、
少しずつかもしれませんが改善されていくはずです。

 

あなた自身も自分の気持ちとしっかり向き合って、
イライラに対処していきましょう!

スポンサーリンク

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加