ごめん避けのメールの内容とは?

スポンサーリンク

ここでは、「ごめん避けのメールの内容」についてお話します。

 

気になる相手に対して
積極的にアプローチするうえで、
今ではメールは欠かせない手段になっています。

 

直接会えない相手でも気軽に
行動を起こせるのがメールのメリットですよね。

 

そんな欠かせない手段であるメールですが、
相手のメール内容によってはあなたに対して

 

「ごめん避け」をしていることが
読み取れてしまうことがあります。

 

「ごめん避け」のメールとは…

 

ごめん避けは、あなたの好意に
気が付いているけれど受け入れられないとき、

 

あなたを傷つけないように気を配りながら

 

「恋愛感情がありません」

 

とアピールするための態度です。

 

相手に嫌われている状況とは少し違うため、
多くの場合メールのやり取り自体はできます。

 

あなたを傷つけないために取っている行動なので、
メールが来ない、などの
露骨な態度はあまり出てきません。

 

そのため、メールの文脈などから
読み取る必要があります。

 

丁寧なやり取りは要注意

 

相手にも恋愛感情がある場合、
必要以上に丁寧なやり取りは必要ありませんよね。

 

フランクなやり取りも含めながら
仲を深めていこうとするはずです。

 

そのため、丁寧なやり取りが続く場合は、
ごめん避けのサインといえます。

 

例えばメールで食事に誘ったけれど、
とても丁寧に断りの連絡が来る場合は
典型的なごめん避けのサインです。

スポンサーリンク

相手もあなたに好意をもっていれば、
もし日にちが合わなくても
別日の提案をしてくるはずです。

 

丁寧な断りだけで終わっていれば、
二人きりで食事にはいけない、
という彼からのアピールなんですよ。

 

「◯◯さんも行きたがっていたから、
◯◯さんの予定も合わせて決めましょう」

 

など、

 

「他人も一緒に…」

 

という返信が来た場合も同じです。

 

つらいかもしれませんが、返信から
相手の気持ちを察し、受け止めましょう。

 

相手発信のメールがない

 

「嫌いな相手に対しては、
メールが続かないように疑問形のメールを送らない」

 

これは、よく知られた行動だと思います。

 

ごめん避けの場合、
相手に気を使っているからこその行動なので、

 

必ずしもこの法則が
当てはまるというわけではありません。

 

相手からも疑問形メールが来る=好意と受け止めず、
メールのやり取りを良くさかのぼってみましょう。

 

「メールのやり取りは続くけれど、
よく考えたらいつも自分がスタートだった」

 

こんな場合、ごめん避けを
されている可能性があります。

 

相手発信のメールがない=相手から行動を起こすつもりはない、
ということですよ。

 

好意だと受け取って
しつこいやり取りを続けていると、

 

気をつかう相手どころか、
苦手・嫌いの対象になってしまいかねません。

 

相手の気持ちをよくくみ取るよう、
努力していきましょうね。

スポンサーリンク

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加