好き避け男性のメールの内容の特徴とは疑問文が使われる!

スポンサーリンク

ここでは、「好き避け男性のメールの内容の特徴」についてお話します。

 

男性とメールをしていて、なんだかそっけないなぁ…、返事が遅いなぁ…、
私とメールするのが嫌なの?と思うことがあります。

 

そう思ってしまうと、メールは顔が見えない分、
色々と不安になって返信もしにくくなったり、気を遣ってしまったり、
メールすることが嫌になってしまいます。

 

しかし、そのようなメールは、好き避けをしている男性には良く見受けられるのです。
そこで、好き避けをしている男性のメールの特徴をご紹介します。

 

好き避けをしている男性のメールの内容とは?

 

好き避けをしている男性のメールの内容には、疑問文が使われます。
ストレートに、貴女のことを知りたいという気持ちももちろんありますが、
疑問文で送られると、貴女も答えますよね?

 

つまり、メールが途切れないのです。

 

しかし、いつも疑問文を送ると貴女に気があるとバレてしまうので、
普段はそんなに多く使わず、少し会話の盛り上がりがおさまってきたり、
貴女に、メールを終わらされそうな気がして焦ったときに、
引き留めるように使ってくることがあります。

 

他には、貴女の反応を期待して報告してきます。

 

例えば「今日は仕事が遅くまであって疲れた」→
「お疲れ様。頑張ってるね。体大丈夫?」と、優しい言葉を待っていたりします。

 

また、「今日◯◯に行った」→「いいなぁ。私も行ってみたい!」と、
自分の口からは誘っていないけれど、
貴女からデートに行きたいと言わせたい、といったケースもあります。

 

そして、「今日飲みすぎた」→
「◯◯君が酔っぱらったらどうなるの?誰と行ってたのかな?」
と、違う一面の自分や、誰と行っていたのか興味を持ってほしい、など、
自分は期待していないように見せかけて貴女の反応を欲しがっているのです。

スポンサーリンク

好き避けをしている男性のメールの打ち方とは?

 

好き避けをしている男性のメールの打ち方は、そっけなく見えます。
やたらと文章が短かったり、顔文字や絵文字を全く使用しない、
または多少使っているけど面倒くさそうにいつも同じ顔文字、
または絵文字だということもあります。

 

相槌を打たなかったり、言葉遣いも冷たく、クールに見せようとします。

 

好き避けをしている男性のメールのタイミングとは?

 

本当は好きな人とメールをしていると、今すぐにでも返信したい!と思うものです。
しかし好き避けをする男性はその気持ちをグッとこらえ、
時間を空けて返信してきます。

 

なぜなら、すぐに返信をすると、好きだと思っていることがバレてしまうからです。
貴女とのメールなんて気にしていないと思わせたいのです。
また、格好つけたい気持ちがあるので、忙しいと思われたかったり、
暇人だと見られるのが嫌だということもあります。

 

返事を遅くすることで、その間どこで何をしているのか、
貴女に気にしてほしい気持ちもあります。

 

実は計算ではなく、貴女とのメールに慎重になりすぎて、
適当な返事を書けないため、文章を考えているうちに、
遅くなってしまうということもあります。

 

しかし、貴女のことが本当に嫌いだったりメールが面倒くさいなら、
メールを永遠に無視したり、返信することさえ忘れていたり、
「おやすみ」「じゃあ、またね」「失礼します」などと、
話を終わらせることだってできます。

 

好き避けをする男性は、心の中では嬉しい気持ちでいっぱいなので、
メールを終わらせることはないのです。

 

このように、好き避けをする男性のメールには特徴があります。
意識してよく観察してみましょう。
貴女のことを意識していると自信が持つことができれば、
貴女もドキドキで楽しく彼とメールすることができるのです。

スポンサーリンク

 

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加